Our Style

「理論」だけじゃない
「実務」も共に行うコンサルティング

「中小企業では事業企画やマーケティングのプロは雇えない」「コンサルティング会社から分厚いレポートをもらったけど実行できない」
多くの中小企業の経営者様から、そのようなお言葉を頂いておりました。
 
 しかしながら、企業が成長し続け、存続を確実なものとしていくには、事業課題やマーケティング課題の克服は不可欠です。
そこで、クライアント企業内に席を置き、クライアント企業の組織の一員として、事業課題やマーケティング課題を克服するためのサービスを提供するに至りました。
 
 従業員の方々の知識や経験に合わせ、「計画の立案」から「実行」「プロジェクトマネジメント」や「結果の検証」まで行います。
このようなスタイルだからこそ、従業員の方々が「目的を持って行動し、成果によって自信をつけ、成長を実感する」 そんな人材の育成にも貢献できると確信しています。

Customer Oriented Consulting の視点

 私どもは、顧客中心主義 という考え方を元に業務支援を行なっております。
顧客中心主義とは、顧客のニーズに対して最大の価値を提供することにより、企業価値を最大化する考え方です。

企業主義
供給

顧客中心主義
顧客

 ビジネスは顧客があって成り立つものであり、お客様の要望を無視してビジネスが成り立つはずはありません。
しかしながら、どんな理想や理念を持って生まれた企業も、時間の経過や人の入れ替わりとともに企業の論理が優先されてしまいがちです。

 

そこで、再度「顧客は誰か?」「顧客の価値とは何か?」「誰のための何のための事業であるべきか?」を見つめ直すために、第三者的な視点を持って、貴社の事業をお手伝いいたします。

顧客中心主義であるべき6つの理由

顧客主導

寡占化

複雑化

顧客を取り巻く環境変化

均質化

多様化

パイの減少